ごみ箱の中からスレイヤーズ2 A館

★猫南蛮亭のホームページに戻る
★アニメのごみ箱1へ
★アニメのごみ箱2 indexページへ


絵コンテの実際(無印#19より)

コピーレゾとゼルガディス、リナらのバトルをカット割り指定した絵コンテの現物。
実際のフィルムもこのコンテに準じて製作されています。 ここではカット36からカット42までを収録しています。絵コンテは渡部氏の手による。
カット36、リナの台詞・・・「フンイキだけは本格的ね」と挑発。
カット37、錫杖をかかげ、臨戦体制に入るレゾ。カット38、そのレゾを見てただならないものを 本能的に察知するゼル。「まさか!」
リナに注意をうながそうとするが、すでにファイヤーボールを放ってしまうリナ。 カット40、易々と錫杖でファイヤーボールを弾き返すコピーレゾ。
カット42、リナもコピーレゾの尋常でないパワーに気が付く。
間髪入れず魔法の第二撃・・ゴズヴローを放つゼル。



リナ復元っ!(NEXT#26より)

破棄されたセルより取り込み。
ガウリイの腕の中で意識を取り戻すリナ。監督がNEXTを造るにあたって一番最初に イメージしたシーンだという。
このシーンを語るのに音楽を抜きにして語ることは出来ません。実はこの一連のシーン・・・ 24話にまで遡るのですが、全部一回こっきり、シーン専用の音楽を新規に作っています。 まったく贅沢な作り方です。しかもオーケストラの生音。音に厚みがあります。
シーン担当原画マンは戸部さん。すばらしいアニメートでした。
余談ですが、監督自身はこの一連の・・・くるくるシーンは恥ずかしくて正視できないといいます。 アフレコの時もダビングの時も目をつぶっていたとか。





涙のリナ(NEXT#23より)

破棄されたセルより取り込み。
実際の完成画面では背景が付いています。リナの頭部が直線で切れている部分が 背景とのマッチングラインで、これをBG組せんと呼んでいます。
上方に見える三つの穴はレジストレーションホール・・日本ではタップ穴と呼ばれる もので、この穴を金具(タップ)にはめ込み、複数のセルをぴったりと組み合わせます。
セルの下にある紙は動画。書き込まれている数字とアルファベットは絵の具の色を指定する 打ち込みと呼ばれるものです。
このシーンはガウリイ喪失の心理的ダメージに自ら気が付くリナを描いたもので、たまたま 風邪をひいて鼻声だった林原さんの迫真の演技と相まって、実に印象的なショットになりました。



魔族の樹(スレイヤーズNEXT オープニング)

魔族の階層構造を表わした象徴図。ロード・オブ・ナイトメアを頂点とした構造が見て取れます。 この図のデザイン原案は渡部監督。デザイン&作画は宮田奈保美が担当しています。
これはオープニングで使用された原画です。実際にはリスマスク透過光という処理で発光しています。 各々の紋章には魔王とその腹心の名がルーン文字で記されていて、実際に読めるはずです。 画像に異世界の魔王の名などが指定されているのがかろうじて判別できます。 某作品に出て来たカバラ象徴学の生命の樹と酷似しているといわれていますが、実際には まったくのオリジナルです。
紋章はそれぞれ最上段がロードオブナイトメア。その下六紡星がカオスシンボルと記されています。 その下4シンボルは上・カオティックブルー、中段左・デスフォッグ、中段右・ダークスター、 下段がおなじみ部下S。
最下段5シンボルはシャブの5人の腹心。上左がダルフィン、上右がグラウシェラー、中央フィブリゾ、 左下がガーブ、右下がゼラスメタリオム。






左は宮田氏によるCDジャケットの習作。ちなみにこれはボツレイアウト。
画像の解像度が低いので良く判別できないが、リナの周囲にいるのはSDのガウリイたちフルメンバー。
文字どおりごみ箱から拾い出したもので、普通闇に滅してしまうシロモノ。これこそまさにこのコンテンツの内容にふさわしい貴重なゴミです。

中央は宮田氏によるフィブリゾ。これはNEXT#26のレイアウト修正原画。
レイアウトとはシーン担当原画マンが描く画面構成の基本になるもの。このレイアウトに 作画監督が修正を加えたものをレイアウト修正と言います。
この場合は原画マンが考案したキャラクターの表情に作監が修正を加えるという形をとっています。 それにより、いっそう凄みが増しています。

右は無印#25のシルフィール。加藤作監督によるレイアウト修正。 加藤洋人作画監督は美少女系を得意としています。彼の描くシルフィールは非常に麗しいですね。
ちなみに、彼が作監を入れたレゾの頭の幅がどんどん横に広がっていったのは現場では有名な話。
これにより彼は「横幅作監」の異名をほしいままにしたのです。


★猫南蛮亭のホームページに戻る
★アニメのごみ箱1へ
★アニメのごみ箱2 indexページへ
Ads by TOK2