written by 小松のぶろー




 “涙”がなくて良かった。

 もし“涙”があれば、僕はきっと、それを流していただろうから。

 こんな気持ちのままでは、精神世界面(アストラルサイド)に帰れない。

 実体のないあの世界では、僕の気持ちが全てになる。

 この“悲しみ”が全てになる。

 ゼラス様に心配をかけてしまう…。

 こんな気持ちのままでは…。



 僕が悲しくなるのは…。

 赤ん坊が“生きる為”に激しく産声を上げている時。

 “生きる為”に――…

 例え、それが100年程度であっても…。



―――僕は?

 “滅びの為”に生まれて…

 今も生きている。



 望んでいるのは、完全なる秩序。

 憎んでいるのは、世の中の不合理。

―――魔族が短命だったなら、全てがうまく行くのに…



 老人が、家族に看取られながら、安らかな顔で死んでいく。



 僕は生きている。

 今も生きている。


 僕の心が泣いている。


おわり。


HTML EDIT BY αえん

10万イベントインデックスに戻る
猫南蛮亭のホームページに戻る

Ads by TOK2