あいのて

written by ハーちゃん



とあるなにもない森のなか、二人は急ぐでもなく、歩いている。

リナ(以後「り」)「ねえ、光の剣って、あんたんちの家宝なんだよね?」

ガウリィ(以後「が」)「とつぜんなんだよ、リナ」

り「だから、家宝なの?どうなの、はぁっきりしなさいっ。」

が「ああ、そうだけど。まえいわなかったっけ、」

り「そんな変なことは覚えているのね。全く。」

が「あ、くやしいの、あ、くやしいんだ。やった、やったね。」

り「そんなことで何喜んでるのやら。まあいいわ、不思議なのよね、」

が「あ、くやしいの、あ、くやしいんだ。やった、やったね。」

り「そんなことで何喜んでるのやら。まあいいわ、不思議なのよね、」

が「あ、くやしいの、あ、くやしいんだ。やった、やったね。」

り「そんなことで何喜んでるのやら。まあいいわ、不思議なのよね、っじゃない いの。 い・い・加減にしないと、はっ倒すわよ。」

が「はーいわかりました。せんせい。」

り「わかればいいのよ、ガウリィ君。じゃどうして光の剣をもっているのかな ー。 おねーさんに教えてくれるかなー?」

が「ぼく、クラゲだからわからない〜。」

り「のあ、のあに〜。ちょっといい加減にしなさい。ちょっとまじめに答えなさ い。 」

が「んぐ、んぐ」

り「こら〜っ。共食いするな〜。わかったわよもーいいわ。もう聞かない。聞か ない から。」

ところは変わって、とある街のとある飯屋で。

り「丸焼き早くしてよね〜。ったく。だから、どうしてあんたが持ち歩いてる の?ク ラゲ頭のあんたが?なぜ?なして?確かに剣の腕は立つけど、最近頼りない し。」

が「それはひどいんじゃないの。おれはわるくないぜ、ぜったい。」

り「あ、その丸焼きこっちねー。」

が「あいてがつよすぎるんだって。ひかりのけんもつうようしないやつなんて、 いる のがおかしいんだよな。」

り「しっぽから食べよーかな、いや頭をぱくりと、いやいや、胸のあたりをがぶ りと いっちゃおーかなー」

が「おい、ひとのはなしきいてんのかよ、おい」

り「んが、んが、(何をいっているかわからない。)そんな愚痴きいてらんない わよ 。久々の仕事前、食えるうちにくっとかなきゃいつ食えるっ?急がないとおいて 行く わよ!」

が「あっそう。んぐ、んっぐ、(たべいそいでいる)」

どこまでも「唯我独尊」

な二人なのであった。

おわり


HTML EDIT BY αえん

10万イベントインデックスに戻る
猫南蛮亭のホームページに戻る

Ads by TOK2