家形石棺

 

近畿地方

山陽地方

山陰地方

九州地方

東海・関東地方

 

---

近畿地方

 

赤坂天王山古墳

       

あかさかてんのうざん:奈良県桜井市

二上山白色凝灰岩

刳抜式の石棺で、縄掛け突起が蓋石の長辺側に各2個、短辺側に各1個、合計6個付いています。棺身の羨道方向に向いた短辺の上部に四角い刳抜きが見られます。

ツボリ山古墳

つぼりやま:奈良県生駒郡平群町福貴

二上山白色凝灰岩

直径20mの円墳か方墳です。埋葬施設は南に開口する両袖型横穴式石室で、全長8m、玄室は長さ4.2m・幅2.2m・高さ2.45mの規模。石室の立面、平面プランは烏土塚古墳との共通性が認められます。玄室は高麗尺で長さ12尺、幅6尺、高さ5尺で造られたと思われる。玄室と羨道に凝灰岩製の刳抜式家形石棺が安置されています。玄室内にある石棺の蓋石の下部幅と上部棟幅の比率がお亀石古墳とほぼ同じであことが知られています。石棺の石材は二基とも二上山産の白色凝灰岩です。築造年代は6世紀後期。二基の刳抜式石棺が納められています。

(日本古墳大辞典:東京堂出版)

牧野古墳

ばくや:奈良県

竜山石凝灰岩

艸墓古墳

       

くさはか:奈良県桜井市

竜山石凝灰岩

茅原狐塚古墳

ちはらきつねづか:奈良県桜井市

竜山石凝灰岩

ホケノ山古墳

ほけのやま:奈良県桜井市

二上山白色凝灰岩

都塚古墳

みやこづか:奈良県桜井市

二上山白色凝灰岩

小谷古墳

こたに:奈良県橿原市

竜山石凝灰岩

水泥蓮華文古墳

       

羨道棺

竜山石凝灰岩

 

       

玄室棺

みどろれんげもん:奈良県御所市

 

現状では直径14m,高さ5mの円墳ですが実際は20m以上の規模を有すとみられます。埋葬施設は南に開口する両袖型横穴式石室で、全長10.8m、玄室は長さ4.6m・幅約2m・高さ2.2m、羨道部は長さ6.2mの規模。羨道部及び玄室にはそれぞれ凝灰岩製の刳抜式家形石棺が安置されています。このうち羨道棺は縄掛突起に六葉素弁の蓮華文が浮き彫りにされていて、この蓮華文は蓋石の前後の縄掛突起に彫られています。また側面の二対の縄掛突起は非常に退化した形式です。玄室棺は蓋石の前後に一対、側面にそれぞれ二対の縄掛突起を有し、形式的に古い形状をしています、石棺の石材は羨道棺が竜山石、玄室棺は二上山白色凝灰岩といわれています。古墳の築造年代は6世紀後期で、羨道棺の追葬が7世紀初頭と考えられています。

この古墳も普段は施錠されていますが、管理者のご厚意により内部に入ることができました。羨道に置かれた石棺と羨道の天井石との間は僅か数十cm、お許しを得て腹這いになって玄室に侵入、以前は土が流れ込んでいて見ることのできなかった石棺をつぶさに観察することができました。

(日本古墳大辞典:東京堂出版)

芝塚2号墳

しばづか:奈良県北葛城郡當麻町

二上山白色凝灰岩

葛城山東麓の北端に近い兵家集落のすぐ北の緩く傾斜した尾根上に立地します。2号墳は直径25mの円墳で、墳丘の周囲には幅8〜9mの周濠がり、墳丘からは円筒埴輪と盾形や家形などの形象埴輪が検出されています。埋葬施設は片袖型横穴式石室で、玄室長5.1m・幅2.5m、羨道長3mの規模。天井石はすでに持ち去られていて、石室の内部に二上山白色凝灰岩製の組合式家形石棺が置かれています。また玄室内ではもう一つ組合式木棺が検出されている。築造年代は6世紀前期。

(日本古墳大辞典:東京堂出版)

野神古墳

       

のがみ:奈良県奈良市南京終町野神

阿蘇ピンク石凝灰岩

墳丘の現状は22×11mの不整円形ですが、周囲が削られているため、前方後円墳であった可能性も考えられています。またすぐ西方には杉山古墳、墓山古墳の二基の前方後円墳が存在すします。埋葬施設は竪穴式石室でその内部は、阿蘇ピンク石凝灰岩で作製された初期の家形石棺が納められています。築造年代は5世紀後期から末期。

(日本古墳大辞典:東京堂出版)

兜塚古墳

       

かぶとづか:奈良県桜井市

阿蘇ピンク石凝灰岩

植山古墳

うえやま:奈良県橿原市

阿蘇ピンク石凝灰岩

徳利塚古墳

とっくりづか:奈良県桜井市

笛吹神社古墳

ふえふきじんじゃ:奈良県

二上山白色凝灰岩

権現堂古墳

      

ごんげんどう:奈良県御所市

二上山白色凝灰岩

市尾墓山古墳

      

 

 

新宮山古墳

       

 

 

甲塚古墳

かぶとづか:滋賀県野洲郡野洲町

阿蘇ピンク石凝灰岩

円山古墳

まるやま:滋賀県野洲郡野洲町

阿蘇ピンク石凝灰岩

耳原古墳

           

竜山石凝灰岩

みみはら:大阪府茨木市耳原

台地上に立地する直径約30mの円墳。埋葬施設は両袖型横穴式石室で、全長13.9m、玄室は長さ約6.97m・幅約2.42m・高さ約3m、羨道は、長さ約6.97m、幅約1.68m、高さ約1.71mの規模。玄室内には基の石棺が安置されている。奥棺は、組合式家型石棺で、長さ約2.22m、幅約1.3m、羨道近くにある石棺は、刳抜式家型石棺で、棺身は長さ約2.09m、最大幅約1.3mの大きさ。

(日本古墳大辞典:東京堂出版)

二塚古墳

ふたつか:大阪府南河内郡太子町

二上山白色凝灰岩

山田高塚古墳の東南の丘陵尾根上に立地。墳丘は破壊が進み、一見双墓の様だが二基の方墳が連続した双方墳か、もしくは長方形墳と見られています。墳丘の規模は長辺60m・短辺25m・高さは北丘で4.8m、南丘は6mの規模です。埋葬施設はそれぞれの中心部に南東に開口する横穴式石室が一基ずつ存在しています。石室内部には漆喰が塗られていたとみられる痕跡が残っています。石室の内部には家型石棺から、さらに様式化がすすんだとみられる蒲鉾型の蓋をもつ抜式の石棺がそれぞれ一基ずつ収められています。築造年代は7世紀中期。

(日本古墳大辞典:東京堂出版)

金山古墳

       

かなやま:大阪府

二上山白色凝灰岩

 

仏陀寺古墳

ぶっだじ:大阪府南河内郡太子町

二上山白色凝灰岩

河内の山田寺といわれる仏陀寺の境内の一角に存在する横口式石棺です。残存する石棺の大きさは長さ2.5m、幅1.2mで、石棺の入口は長方形の石扉で閉じられています。封土の大半は削り取られているが、もとは一辺25m位の方墳であったと推測されます。築造年代は7世紀中期。

蘇我倉山田石川麻呂の墓と伝えられていますが、大正時代に石室付近より、長さ33cm・幅24.5cm・厚さ5.4cmのせんが発見されました。同様のせんが中臣鎌足の墓と思われる摂津の阿武山古墳からも出土しており、太子町付近で伝承された河内蘇我氏にまつわる伝説との関連で注目されています。

中山寺古墳

御輿塚古墳

みこしづか:兵庫県

丁古墳群

よろ:兵庫県

二見谷4号墳

ふたみだに:兵庫県

御園古墳

みその:兵庫県尼崎市

前方部を東に向ける全長約60m・高さ約3mの前方後円墳。後円部から組合式石棺が発見された。石棺は平らに加工した厚さ20cmほどの切石を合わせて底石とし、溝を掘って4枚の板石を組み合わせている。蓋石の一枚には、縄掛突起をつくりだしている。石材は水成岩で、長さ2.15m・幅1.2m・高さ1.1mで、出土品としてはわずかに環頭大刀が残るだけである

(日本の古代遺跡3兵庫南部:保育者、古墳説明版:尼崎市教育委員会)

平荘湖16号墳

 

後藤山古墳

       

ごとうやま:兵庫県尼崎市

 

鴨稲荷山古墳

           

かもいなりやま:滋賀県高島郡高島町

二上山白色凝灰岩

 

 

 

TOP

---

山陽地方

西須恵築山古墳

       

にしすえつきやま:岡山県

阿蘇ピンク石凝灰岩

牟佐大塚古墳

むさおおつか:岡山県

貝殻石灰岩(波形石)

こうもり塚古墳

こうもりづか:岡山県

貝殻石灰岩(波形石)

唐人塚古墳

かろうどづか:岡山県

竜山石凝灰岩

金子石塔塚古墳

かねこせきとうづか:岡山県

貝殻石灰岩(波形石)

江崎古墳

えざき:岡山県

貝殻石灰岩(波形石)

箭田大塚古墳

やたおおつか:岡山県

貝殻石灰岩(波形石)

石舟塚古墳

いしふねづか:岡山県

竜山石凝灰岩

八幡大塚2号墳

やはたおおつか:岡山県岡山市北浦

児島半島北東部の児島湾に向かった台地上に立地する、直径約35mの円墳。横穴式石室の奧壁に近い部分に、石室の長軸に平行して、石棺が安置されていた。石棺は長持形石棺の伝統を引いた組合式家形型石棺で、ふちに縄掛突起が造り出されている。石材は播磨の竜山石である。石室内部は赤色に塗られ、風化した人骨と共に金製の垂飾付耳飾・銀製の鍍金した空玉・大刀・鉄鏃・鉄製刀子などが納められていた。

(岡山県立博物館展示:説明版)

北塚古墳

きたつか:広島県福山市駅家町大字服部永谷

墳丘はなく石棺だけが露出しています。石棺は花崗岩製の組合式家形石棺で、小口が一枚失われています。蓋石は長さ2.3m・幅1.43m・厚さ0.59m、内法は長さ1.62m・幅0.68m・高さ0.65mの寸法で、各石の組合せにはお互いに刳込みがみられます。この石棺を特徴づけるものとして蓋石の形態が上げられる。それは・表面は各稜線がそれほどシャープではなく丸味を帯びている。・表面の平面形は短辺が弧状を呈し、長辺も若干丸味を呈す。・後部側の短辺の斜面から側面にかけて、極めて退化した縄掛突起が一個あるが、前部には見られない。・前部側の短辺は故意に打ち欠いて整形しており、前後の短辺は対称ではない。・内面の刳り込みは極めて浅く形式的なものとなっている。この様な蓋石の特徴は一般的な横穴式石室に納められている刳抜式家形石棺の蓋石とは大きく異なり、終末期の横口付石槨の一系統に分類する見方もされている。7世紀前期〜中期のものと思われる。

(日本古墳大辞典:東京堂出版)

貞丸1号墳

さだまる:広島県

竜山石凝灰岩

大日山古墳

だいにち:山口県防府市

御年代古墳

       

みとしろ:広島県

 

 

TOP

---

山陰地方

橋本38号墳

はしもと:鳥取県

上島古墳

うわしま:島根県

妙蓮寺山古墳

みょうれんじ:島根県

大念寺山古墳

だいねんじ:島根県

 

 

 

 

TOP

---

九州地方

綾塚古墳

あやづか:福岡県

堂男山1号墳

どうなんざん:福岡県八女市

浦山古墳

うらやま:福岡県久留米市

石人山古墳

せきじんやま:福岡県八女市

大野窟古墳

       

おおのいわや:熊本県

鴨篭古墳

かもご:熊本県宇土郡不知火町大字長崎字坊ノ平

丘陵端部に立地する直径24m、高さ3mの円墳。埋葬主体部は壁石に4枚の仕切り石を用いた長さ2.9m、幅2.5m、高さ1.5mの箱式石室。石室の内部に平面を南北に向けた阿蘇熔結凝灰岩製の家形石棺が安置されている。石棺は棺身が浅く、一方に造り付けの石枕を有し、棺蓋には直弧文、同円心文、梯子形文が施され、紋様の内部分の棺身は赤色、紋様部分は青色で彩色されている。築造年代は6世紀初期。

(日本古墳大辞典:東京堂出版)

江田船山古墳

えだふなやま:熊本県玉名市菊水町江田

阿蘇熔結凝灰岩

熊本県北部、有明海に注ぐ菊池川下流左岸の標高30mの台地上に立地する、全長61m、後円部径41m・前方部幅40mの前方後円墳です。後円部は三段、前方部は二段築成で、くびれ部には造出し、また楯形の周濠を有し、墳丘には円筒埴輪の存在が確認されています。埋葬施設は後円部上段中央に、くびれ部側に入口を持つ横口付家形石棺で、阿蘇熔結凝灰岩製で、四枚の板石と屋根形の蓋石から構成されます。蓋の短辺と長辺には各2個の棒状の縄掛突起を持ちます。内法は長さ2.2m・幅1.1m・高さ1.5mの規模で、くびれ部側の短壁には幅55cm・高さ81cmの横口が刳り抜かれています。築造年代は5世紀後期。

(日本古墳大辞典:東京堂出版)

上御倉古墳

       

かみみくら:熊本県阿蘇郡一の宮手野

掛木古墳

かけぎ:長崎県

丑殿古墳

うしどの:大分県

王ノ瀬天満宮石棺

おうのせ:大分県

太郎塚遺跡公園石棺蓋

たろうづかこうえん:大分県別府市

 

TOP

---

東海・関東地方

愛宕塚古墳

あたごづか:群馬県

宝搭山古墳

ほうとうやま:群馬県

 

 

 

TOP

---

メール/掲示板/石棺TOP/石室図鑑TOP/穴友会TOP

 

Ads by TOK2